間違えやすいビジネス敬語

敬語の間違いはビジネス上で恥をかく

もっとしっかり敬語の勉強しておけばよかった・・・と社会人になってから後悔しきり・・・という方も多いと思います。
敬語の間違いというのはビジネスの中で信用されない要因となるのです。

上手く敬語が理解できず失礼な使い方で得意げに話してくる、この人信用できない人なのかも?と思われてしまっては困ります。
しっかりと敬語を利用する、尊敬語や謙譲語、丁寧語を混ぜることなく「敬語を正しく使う」ことができると、信頼度も向上します。

これは失礼・・・上司、お客様に案外使っている間違い敬語

同僚に使う、後輩に使うということでは問題ない、でも上司に使ったらダメな言葉、間違っている敬語、実はたくさんあるのです。

例えば「ご苦労様です」という言葉、新人社員などはかなり普通に利用していますが、これは目下の方に利用する言葉で通常「お疲れ様です」といいます。
了解しましたも上司に使う言葉ではなく、承知しました、かしこまりましたが正しい表現です。

同僚の方などに「しばらくぶり」というのはいいのですが、久しぶりに会った上司や取引先の方などに利用する場合「ご無沙汰しておりました」というのが正しく、「いつもお世話様です」という表現も、ご苦労様と同じ使い方となるので上司、目上の方にいう場合には「いつもお世話になっております」というのが適切です。

何か上司の方などに指導してもらった時など「大変参考になりました」という方もいますが、これは自分の考えにプラスするという表現になるので何か目上の方に指導してもらったなどの場合「大変勉強になりました」と伝えます。

またすみませんとかひどい場合には「ごめんなさい」なんて言う言葉をビジネス上で使う人がいますが、これはNGです。
すみません、すいません、ごめんなさいではなく、「大変申し訳ございません」というのが正しい表現です。

知らずに使っている方も多いけれどまちがっている表現も多い

自分の実力よりもレベルの高い仕事を割り振られたと思う時、自分にはまだこのレベルの仕事はできないということで「私には役不足です」という人がいますが、これは間違いで、能力が足りないという場合には、「力不足、力量不足」というべきです。

また目上の方が後輩たちに向かって「わが社」というのはよいのですが、取引先の方々の前で「わが社」というのは非常にエラそうな印象を与えます。
その為「弊社」「当社」というようにします。

違う・・・その表現、言い回しが失礼に感じること

目上の方がなるほど・・・というのはいいのですが、人によっては上司に向かって「なるほどですね」という方もいます。
これも失礼な言い回しになるので、「おっしゃるとおりです」というのが正しい表現になります。

また目上の方、取引先の方、お客様に向かって「お分かりいただけたでしょうか?」といかにも丁寧にいっているように聞こえますが、これも失礼な表現で正しくは「ご理解いただけたでしょうか?」というのが正しいのです。

その表現、定着しているけれどおかしい・・・

例えばレストランなどで店員さんが「注文の方どういたしますか?」「お水の方お持ちします」などといいますが、これはおかしい表現です。
お水をお持ちします、ご注文はお決まりでしょうか?というのが正しい日本語です。

またこれもお店でよく利用されていますが、「10000円からお預かりします」という表現、○○からという表現の「から」は必要なく、正しくは「10000円お預かりいたします」です。

利用しているけれど見識ある方が聞くとおかしなことを言うわね?と思う言葉、表現、今は定着していてもしっかり正しい日本語を使える人になりたいものです。
またビジネス英語になると敬語や丁寧語の表現も、相手に不快感を与えない絶妙なニュアンスを知る必要があります。
話し方については勉強と実践あるのみですので、ロールプレイングを行ったりマナー講座に通ってみても良いでしょう。