人を惹きつける魅力的な話し方

話し方は人の印象を変える

すごく美しく聡明そうに見える女性でも、言葉遣いが悪く早口となるとがっかりしますし、プレゼンなどで早口、聞き取りにくい、声が小さい・・・それに恥ずかしそうに話をしているのを聞くと、こっちまで緊張してしまいます。

話し方というのはビジネスの中でも、またプライベートシーンでも非常に大切な要素で、話し方ひとつ帰る事で、人を惹きつける事もできますし、人に嫌な印象を与えてしまうことにもなるのです。

スマートに、でも熱意がしっかり感じられ、人が思わず聞き入ってしまうような話し方、そんな魅力的な話し方を身に着けたいと思いませんか。

非言語の利用がポイントになる

人を惹きつける話し方を理解するためには、まず非言語を理解しなければなりません。
非言語というのは、コミュニケーション領域をさします。
>>https://shigotonomirai.com/non-verbal-communication

言葉によるコミュニケーションが言語コミュニケーション、言葉ではないコミュニケーションが非言語コミュニケーションです。

例えば手を使って、表情豊かに、視線を集めるような行動をとる、また話すときにも、抑揚を変えたり、相手の方が聞き取りやすい緩急をつけた話し方など、こうした言葉以外での行動や音、スピードなどが非言語コミュニケーションです。

この非言語というコミュニケーション技術を身に着ける事で、話が魅力的に感じ、魅力的な人物と感じさせることが可能といわれています。

非言語をうまく活用できるようになると、ただ淡々と話すのではなく、抑揚をつけて時には手振りも身振りもあり、さらに表情豊かに一人一人問いかけるように話すことが出来たら、ぐっと引きつけられる人物となる事も可能です。

非言語を活用できる人が持っている表現

非言語をうまく活用できる人、自然と活用できている人は、自信をもって話すことがどぇき、積極性や情熱を相手に感じさせる、暖かく優しく有能で、サポート力も強いと感じる、ではこうした能力をどのように身につければいいのか・・・それを理解していくと、軍と魅力的な話し方ができるようになります。

まず人と話すときには人の目を見て話すということが基本です。
ただ複数の人がいるという時、例えばプレゼンなどの場合には一人の人だけに目をあわせて話すのでは魅力的と感じません。

まずはAさんの目を見てワンセンテンス話をする、次にBさんと視線を合わせてワンセンテンス、さらにCさんに目をあわせて・・・ということを行い、みなさんにこの話を聞いてほしいのですよ、と目によって注目してもらうのです。

更に声のトーンや大きさ、スピードも大切です。
ずっと大きな声で話をしているとただただうるさい・・・と感じますが、ここ、という時にふと大きな声、トーンが高くなる、スピードがゆっくりになると、脳にしっかりインパクトを残します。

話にメリハリをつけること、感情豊かな表情で話をすることも大切な要素です。
学校の先生が黒板や教壇に向かって淡々と何の抑揚も表情の変化もなく講義しているのと、こちらを見て、表情豊かにメリハリある講義をするのでは、学生の引き込まれ方が違います。

講義を聞いていて楽しい、この先生面白いな、と思いますし頭に入ってきやすくなります。
表情を豊かにということも話し方を魅力的にする大きな要因です。