会議で発言する方法

自分の考えを会議でいえる?うまく発言するコツとは

ミーティングとか慣れている中での話し合いということならいいのですが、上層部が集まっている会議などに出席するようにいわれ、底で発言を求められるとなると、どう発言していいかテンテンしてしまうという人も少なくありません。

上司から君はどう考えてる?と意見を求められても、準備をしていないでお客さんつもりで参加すれば、しどろもどろになってしまうことの方が多くなります。
ビジネスの上で、こうした上司たちがいるところでしっかり意見を述べることができるかどうか、これは出世にもかかってくる重要な事です。

参加でいい、ということはない

会議に参加するということで満足するのではなく、会議の中で発言し手こそ、出席している意味があると考えてください。
会議では何かを決める地王事が目的となる事が多いので、そこで意見を求められて何も出てこないのでは出席している意味がありません。

人前で話すのが苦手、お偉いさんたちがいるから話がしにくいということでは困ります。
どんな状態でもしっかりと自分の意見がいえるように、発言できる自分でいることが大切なのです。

自分は発言などが苦手なのでやらない、発言がうまい人がやればいいという考え方では、評価もされません。

よい意見をいおうと思うことはない

会議の席で自信たっぷりに自分の意見をしっかりと明確に伝える人もいます。
こうしたことが得意という人もいますが、最初からこうした意見ができるということはないのです。

会議の中で効果的な意見を伝える、いい意見以外述べるのは恥ずかしいと思うことはないのです。
発言することで会議が活発になるのですから、いい意見をいおうと思ってしどろもどろになるのではなく、自分の意見をしっかり伝えることが必要です。

カッコよく話をしようと思わず、その会議の議題で、自分が思う事を伝えるという気持ちで発言すればいいのです。

会議で発言する時に理解しておくこと

会議の中でしっかりと発言するためには、自分の立ち位置をしっかり決めておくことが必要です。
例えば企画という立場なら、どのような情報がありどんなニーズがあるのかということをまとめていけば意見することができます。

会議について発言ができるように、周辺情報を調査しておくということも大切です。
会議中に何かわからないことがある時、その情報をしっていれば発言できます。

下調べをしておくこと、事前に勉強しておくことで情報提供ができ、そこから他の方の意見を引き出すこともできると思います。
また他の方がいった意見について、その関連情報として・・と情報をだすということもできるでしょう。