会議でプレゼンをうまくやるコツ

思わずやってしまいがちな会議やプレゼンでの失敗

プレゼンテーションはクライアントや自社に対し、こういうプランがありこのプランのメリットはこういう所ですよと、持っている企画の魅力を短い時間で伝えるということが目的となります。
いかに魅力的なプランであるか、企業にとってプラスになるプランであるのか?ということを相手の方にわかりやすく、簡潔に説明することが必要です。

しかしあまりにも気持ちばかりが先行し、魅力あると猛プッシュしすぎて失敗ということもありますし、伝えたい論点がずれているということも少なくありません。
実際にプレゼンや会議で失敗した例を知っておくことで、こうした状態にならないように予防することができます。

プレゼンでの失敗・・・いくつかあります

この人は普段からはきはき話せるので司会に向いていると、プレゼンの司会を任せたら、人前に弱く司会などできるタイプではなかったという失敗、また話の組み立て方が下手で、聞いていて、何をいいたいのかわからない?という失敗もあります。
プレゼンでプレゼンする側が質問等にあった場合のシミュレーション資料が少なく、質問されてもしどろもどろ、結局計画性のない隙だらけのプランとして却下されたという失敗例もあります。

プレゼン、会議には何が必要になるのか

プレゼンや会議では、何かを報告するということではなく、通常、何かを作りだしたり、新しい自社のプランを計画して発表するという場面です。
そのため、説得に近い情熱を持った説明が必要です。

この商品やプランがどんなに魅力的で、会社にとって将来有益となる事なのか、こうした方法を行うことで、企業の利益が上がっていくことが予想されるなど、その将来図が明確に見えるようでないと困ります。
腕のいい能力が高いプレゼンターをみていると、人を惹きつける能力が高く、身振り手振り、時に大きく表情を変えたり、抑揚をつけてお話しするなど、注目されるべきところでしっかり注目される技術を持っているのです。

社内リハーサルなどを行って、こういう質問があるかもしれない、こういう意見があるかもしれないと、設定して練習しておくことで自信たっぷりにプレゼンできるようになります。

シミュレーションでわかりにくい、解答できないことは徹底して考えておく

シミュレーションで聞いていてわかりにくい箇所や、魅力がない箇所、伝わりにくい箇所を出しておくと、本番の前に、しっかり対応できるようになります。

話が長くなると内容がわかりにくくなるので、ポイントがずれることがないように要点が明確になった資料を作り、その資料に合わせて質問されることなどを予想し、シミュレーションしておくこともシミュレーション、会議などを成功させる大きな要因となるでしょう。